【根拠あり】アイデアを探しているならとりあえず酒を飲め!

ヤケクソで言ってるのではなくちゃんとした理由がある。
アイデアが欲しい時に酒を飲むのは筆者もよくやる。

これまでになかったアイデアが欲しい時、仕事が煩わしくて色々と開放されたい時にお酒を少量飲むとものすごい良い効果があるので逆に仕事や作業が捗るかもしれないよ!

ビール(酒)を飲むと脳の働きはどうなる?

まずは1枚の画像を見て欲しい。

CjbwBuPUoAALy4T

思考や言語や相互作用をつかさどっている「大脳皮質」
この「大脳皮質」にアルコールが届くと集中力は低下するが、脳は自由になり日常の煩わしさから開放される。つまり楽しくなって想像力も上がる

飲む量

体内アルコール量が「0.07」つまり色んなお酒で表すとこんな感じ。

ビール:瓶1本(600ml)
日本酒:1合(180ml)
焼酎:0.6合(110ml)
ワイン:1/4本(180ml)
ウィスキー:ダブル1杯(60ml)
缶チューハイ:1.5缶(500ml)

 

ちょうど体に良いくらいのアルコール量なので、体にも良いというメリット付き。

良い点(メリット)

アルコールのおかげで普段抱えてるモヤモヤが和らぐ。
脳はリラックスした状態になり素晴らしいアイデアが思い浮かびやすくなる。想像力が豊かになる!

ビール:美肌効果
日本酒:生活習慣病などの予防
焼酎:ダイエット効果
ワイン:ダイエット効果
ウィスキー:美肌効果

他にもこれでもかってくらい少量のアルコールにはメリットがある。

悪い点(デメリット)

集中力が悪くなり、記憶力が悪くなる。
まあすぐメモれば問題ない。

飲み過ぎるとアイデアも何も浮かばないで仕事も何もかも出来なくなるので注意。

まとめ

もともと筆者は集中力と記憶力がない人だからデメリットは感じられないです。
つまり楽しい状態で色々なアイデアが浮かぶので超オススメです!
この文章もお酒飲みながら書いています!うへへ

この記事を友達にシェアしよう!

Twitterで