PC周辺機器

新しい大容量データ保存ストレージUbbey NEXT│外付けHDDでもクラウドでもない新しい形の保存ストレージ

Ubbey NEXT

外付けハードディスクやクラウド(オンラインストレージ)でもない新しい形の「分散型モジュラーインテリジェントデータストレージ」というものが発表された。

NAS(Network Attached Storage)というものなのですが、それとは違う点が

ブロックチェーン技術を用いたP2P通信によって他の人の持つ「Ubbey NEXT」にデータを暗号化して分散させる事が可能。

それも余ったスペースでマイニングもできる。

それでは詳しく説明していきます。

Ubbey NEXT

Ubbey NEXT

公式サイト:Ubbey NEXT

インターネットの急速な発展に伴い、データストレージに対する需要は爆発的に増加しました。

携帯電話やコンピュータに保存されたデータはいつでも失われる可能性があります。

ですが、DropboxやiCloudなどのパブリッククラウドストレージを選択した場合は、毎月の使用料を支払う必要があり、データ漏洩の危険性もあります。

Ubbey NEXTは毎月の料金を必要とせずユーザーのデータプライバシーをローカルとリモートの両方で保護するために高度な暗号化および分散技術を採用しています。

つまり買い切りの外付けHDDと似たようなもの。

スペック、仕様

Ubbey NEXT
  • CPU:RTD1296 arm-v8 Cortex-A53クアッドコア1.4GHz(Ubbey N)
  • RAM:2GB DDR4(Ubbey N)
  • ROM:8GB(Ubbey N)
  • ストレージ:1TB HDD(Ubbey Nには1TBが付属しています。UbbeyEを追加することで4TBまで拡張可能?)
  • カラー:ブラック/ホワイト
  • 容積:123×123×50 mm(1ブロック)
  • 重量:400g(1ブロック)
  • Type-C USBポート:最大100M / Sの伝送速度
  • Ubbey App:リモートアクセス、デジタルファイルのダウンロードおよび共有(SMB、IPFS、DLNA、Plexプロトコルをサポート)、分散アプリケーションストア、AIを活用したコンテンツの推奨、およびP2Pダウンロード
  • ブロックチェーン:保管証明書コンセンサスによるマイニング
  • 最大100MB / sの読み取り/書き込み速度
  • ハードディスク暗号化とRAIDバックアップ
  • 1TB = 600,000枚のHD写真/ 50万枚の2M文書/ 3万5千曲

NASとは違う点

Ubbey NEXT

Ubbey NEXTはNAS(Network Attached Storage)を超えています。従来のNASと比べて、Ubbey NEXTはセットアップがはるかに簡単で、より多くの可能性があります。

Ubbey TechのCEOであるKeda Che氏は、次のように説明しています。

「ユーザーの個人データも含め、すべてのデータを管理したいのです。

Sir Tim Berners-Leeは、Steve Jobsによって作られたNeXTコンピュータ上にワールドワイドウェブを作成しました。

私たちは2人の偉大な先駆者の道をたどり、インターネットを再分散させるために私たちのUbbey NEXTを使いたいのです。」

Ubbey NEXTの色々な機能

Ubbey NEXT

Ubbey NEXTのデザインはブロックチェーンのデザインに影響を受けています。

それはブロックで構築されています。スタック可能なブロックが異なると、Ubbey NEXTはより多くの機能を持つことができます。ブロックごとに名前が異なります。

  • Ubbey N – 基本モジュールには1 TBの容量があります。基本モジュールのみで、未使用のストレージを提供することで、Ubbey Appのほとんどの機能を使用し、Ubbeyブロックチェーンマイニングに参加できます。
  • Ubbey E – Ubbey Eでベースモジュールのストレージを拡張できます。UbbeyEの1つのピースには最大4TBの容量が含まれます(1TB、2TB、3TB、または4TB)。基本モジュールには最大3つのUbbey Esをスタックできます。各Ubbey Eは、モバイルハードドライブとしても使用できます。
  • Ubbey T – Wifiモジュールワイヤレスでルーターに接続。
  • Ubbey X – Xは無限の可能性を意味します。たとえば、IPカメラモジュールを使用すると、自宅や職場を遠隔から監視できます。

すべてのモジュールは磁気的に接続されています。

パーソナライズされたUbbey NEXTを作成するためにベースモジュールにさまざまなモジュールを重ねることは非常に簡単です。

未使用のストレージは、マイニングまたは他のユーザーとの取引に使用できます。これもP2Pストレージ共有ネットワークです。

人工知能は、分散型エコシステムにおいて重要な役割を果たすと考えられます。あなたの好みを分析し、潜在的なデジタルコンテンツを推薦するために分散AIを実装しました。

Ubbey NEXTはデータを保護するための立方体であるだけでなく、データの可能性を開くためのツールでもあります。

Ubbey p2pデータ共有ネットワークでデータを他の人と共有したり交換したりすることができます。


開発企業Ubbey Techについて

Ubbey NEXT

Ubbey TechはUniversal Labsの完全子会社です。

Ubbey Techは、2018年に最初の分散パーソナルクラウド、Ubbey Boxを作成しました。

UbbeyBoxは15カ国以上に出荷されています。

Ubbey Techは、ブロックチェーン業界のシリアル起業家、Keda Cheが率いています。彼は2015年に彼の最初のブロックチェーンのスタートアップOwnership Technology(Boost VC Tribe 7)を設立し、Universal Labsを立ち上げました。

Kedaは革新的なデザイン会社IDEOのデザイン起業家でした。また、ハーバード大学で最初のブロックチェーン研究室で働いていました。 Kedaはハーバード大学で修士号を取得し、現在はHITの助教授です。

公式サイト:Ubbey NEXT

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。