比較・レビュー

ビジネス用AI搭載スピーカー「eMeet Office Core M2」がかなり良い

eMeet Office Core M2とは?

AmazonエコーやGoogleホームとまた別物のAI搭載スピーカー

eMeet Office Core M2

これはビジネス・オフィス・会議用なので個人で買うものではないかもしれない。

現在は日本のAmazonにはなく、アメリカAmazonのみで販売されている。

公式サイト:eMeet Office Core M2h公式サイト

日本では旧版のeMeet Office Core M1が販売されている

特徴

  • AI搭載スピーカー
  • オフィス・会議用
  • 強力なノイズキャンセリング
  • スピーカーが距離感をわかっているので、大声を出す必要なし

雑音を抑制し、エコーやノイズも軽減。

音声がどの方向から来るのかわかっているAI搭載スピーカー。
スピーカーが位置を把握しているので、音声を増強したり抑えたりしてくれるマイク。かなり良い。

機能

  • 無指向性
    1ではなく、すべてのオーディオをキャプチャする7つのマイクを使用、よりクリーンなサウンドと自然な会話の流れを確保。
  • Pug-and-Play接続性
    ラップトップ、スマートフォン、またはタブレットにUSBケーブルまたはBluetooth®経由で数秒で接続。
  • ポータブルデザイン
    軽量設計(わずか9.2オンス)、旅行用ポーチを保護し、約24時間の通話時間を提供するモバイル。
  • 8名様までの客室内カバレッジ
    小規模および大規模な会議用の柔軟でスケーラブルなデバイス。
  • 先進的なUCプラットフォームとの互換性
    Avaya、Cisco、Skype for Businessの各カンファレンスとの互換性があり、プラグアンドプレイの経験があります。
  • 仮想アシスタント対応
    ワンタッチスマートボタンで、デジタルアシスタント(Siri、Cortana、Google Now)と対話できます。
  • 信頼性の高いポータブル電源
    5200mAhのバッテリー装備、携帯電話・スマホの完全充電をが可能。
  • ミュージックを楽しむ
    音楽の音質向上プロファイルを使用すると、リラックスしたいときに音楽を聞くコール間を休憩することができます。
  • ユーザーフレンドリーな機能
    使いやすい、クリアなマイクミュートボタン、通話と音量コントロール、実用的で便利なケーブル管理システム

互換性

skypeやLINEなど色々。

まだまだ海外向けのものなので日本向けの物は少ない。


動画で見るeMeet Office Core M2


まとめ

冒頭でも説明したが、M1は日本でも販売されている。

口コミや評判も良いのでM2もかなり期待できそうだ。

気になる人は今のうちにチェックしておいても良いかもしれない。

公式サイト:eMeet Office Core M2h公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。