【レビュー】宅急便コンパクトの「箱型」と「薄型」を徹底比較してみた!

宅急便コンパクトとは?

ヤマト運輸が提供しているサービス。

「専用の箱」が必要なのだ。

特にメルカリ便とかで使われてると思う。

関連記事→【メルカリ】超オススメ!包装・梱包の袋はこれさえあればイイ!

特徴

  • 専用の箱
  • 安い
  • 重量無制限

メルカリ便だと匿名で送ることも出来る。

何故宅急便コンパクトを使うのか

まあ比較すればわかるけど便利。

サービスサイズ重量料金
宅急便コンパクト(メルカリ便だと匿名)
専用BOX2種類上限なし380円+(箱代60円)
宅急便60サイズ(60cm以内)2㎏以内600円

箱型と薄型比較

こんな感じ。

「とりあえず箱型買っておけ!」と思ったのだが比較すると用途によって使い分けるとなかなか良い。

畳んだ状態の大きさ比較

こう見ると薄型が地味~に大きい。

でもぶっちゃけ箱型の方が便利だし安心感あるのよね。

箱型

しっかりした箱です。

ちなみに宅急便コンパクトを昔から使っている私は1つ事実を知っている。

ヤマト運輸さんこの箱の材質変えただろ!!!

なんか柔らかくなって使いにくくなったぞ!!!

とまあ愚痴はこれくらいにしておく。

とりあえず普通に使える箱です。

薄型

箱型と比べると薄すぎ。

でもちょうど本とか薄くてサイズが大きい物を入れるのに適してる。

ちなみに制限がないので「無理やり突っ込んでも」配送可能。

例えば約3cmの本を無理やり突っ込んでも・・・

こんな膨らんでも重量制限もないのでしっかり持って行ってくれる。

箱型と同じ厚さになってもOK

薄型に入るサイズの限界は?

公式ではこんな感じに書いてあるがこれは“厚さ1cm未満”の物

厚さ3cmの物を入れると・・・

約22*26cm

くらいまで可能。微妙すぎ(´・ω・`)でも使える。


裏技

知ってますか?

箱型も「箱に入れば」送ってくれるんです(怒られそう)

どうみても5cm以上超えてるやんけー!という物でもOK!(怒られそうだけど怒られたこと無い)

テープで止めても良いのですか?

良いです!

6cm以上で箱がパンパンになっても良いのですか?

いいんです!

とまあ色々やりましたが注意されたことありません。

むしろ色々なところで聞きましたが問題ないとの事でした。(限度はありそうなので注意)

ただテープで止めるなり、中身が出ない工夫はする必要はあるのでそこだけは注意です。

関連記事→【メルカリ】超オススメ!包装・梱包の袋はこれさえあればイイ!

この記事を友達にシェアしよう!

Twitterで